ポイントレングス
バーニア

爪計測 ノギス
「人を選ばず」「誰でも」「簡単」
に計測できます。取り付けるだけで測定ができます。

従来の成形方法の問題点

爪成形時に加工径の測定が出来ない為に「カン」と「経験」による「技能」が必要でした。
従来の成形方法
「カン」と「経験」に頼る爪成形加工は、チャッキング径を現物に合わせるために何回も繰り返し実施するため、「ムダ時間」が発生していました。

ポイントレングスバーニアの特徴

ポイントレングスバーニャ(PLV)爪計測ノギスは、「爪」の加工径を径測定する事で何度も実施していた爪成形時間を効果的に削減します。
しかも「人を選ばず」に「誰でも」「簡単」に爪の整形寸法の測定が可能となりました。

操作手順
PLVの固定側(φ12)をテールストックにドリルチャックを取り付け固定することで中心位置が固定できます。
次にPLVの稼働側をスライドして爪の内径寸法を計測致します。
半径寸法が計測X2倍が素材の直径となります。

「カン」と「経験」に頼った旋盤作業の段取り時間を見直してはいかがでしょうか?段取り時間の短縮・稼働時間の向上をご提案申し上げます。