クイック爪の使い方

各部名称

 

クイック爪®の3状態

 

clampクランプ状態(爪が固定されている状態)

↓↑

half半クランプ状態(クランプボルトが緩められた状態)

↓↑

lockfreeロック解除状態(半クランプ状態からフロントグリップ部押す)

↓↑
取外し

取扱い手順

取付け
  1. チャック外周よりロック解除状態にしたクイック爪®をT溝(みぞ)へ挿入します。
  2. セレーションのかみ合わせると「カチッ」と音がして半クランプ状態となる。
  3. クランプボルトを六角レンチでまわし(5回転)、締めこみ(24.5N-m)クランプ状態となる。

 

取外し
  1. クランプボルトを六角レンチで緩め、5回転まわす。半クランプ状態
  2. フロントグリップ部を押しロック解除状態にする
  3. チャック外周よりクイック爪®を外す

 

生爪成型方法

(後日追加)

注意事項

・クランプボルトを5回転以上回すとバネが飛び出す恐れがあります。
・取付時、セレーション部にゴミ等が入らないようご注意ください。
・セレーションはすべてかみ合った状態でご使用ください。ずらしての使用は危険です。
・取付時、フロントグリップ部及びクランプボルトはチャック端面から.6mm程度出ているのが正常です。
これよりフロントグリップが飛び出た状態は危険ですので、絶対にチャッキング及び主軸の回転をさせないでください。