【けんぶん録】 第3回 「段取り」をすればするほど原価高 一生懸命励んでます

前回(第2回)は、段取り(爪交換・再成形加工・寸法補正)で、何分かかるか(段取りは 知らず知らずに ムダの山)でした。

「段取り」を すればするほど 原価高 一生懸命 励んでます

今回は、年間の稼ぐ理論値についてです。

1年 365日 X 24時間 X 60分 X 60秒 = 31,536,000秒

1秒¥1で計算すると ⇒ 1台の生産機を100% 24時間稼動すると ¥31,536,000 となります。

稼げる理論値 = 1年(365日) ⇒ ¥31,536,000 となります。

つまり、
1台の生産機を、24時間365日 100%稼動できれば ¥31,000,000 稼げると言う訳ですね!!

それでは、
旋盤1台で、いくら稼いでいますか? ⇒⇒ 大体は、70万から100万円位/月という回答です。稼げる理論値の 2.2%~3% の稼働率ということになります。

確かに
国内企業で、月/720時間(24時間X30日) 稼働時間が、700時間/月の会社があるそうです。(我々の業界では有名企業です。)稼働率は高いのですが 、段取り変えは一切ない」 との事でした。段取りがなければ、連続運転は何とかなりますヨね!!

経済が右肩上がりの時代では、毎日残業で100時間当たり前のような時代がありました。しかし、現在は、長時間労働が社会問題となっています。政府主導による「働き方改革」では、 労働基準法遵守?働く時間制限?「36協定」の締結を現在より厳しく制限しようとしています。

働く時間=生産時間は減少しても、如何に「付加価値」を確保し、売り上げを上げていくか?
①付加価値の大きい商品開発 ⇒ 容易ではありません
②自動化・無人化 ⇒ 人を選びます
③今の仕事で生産密度を高める ⇒ 誰でも可能性があります

①と②は、誰でも可能ではありません。
③は、身の回りの改善で可能性があります。

特に③の生産密度の向上は、現在の旋盤作業の段取り時間(爪交換方法)の見直しをする事ですぐに実現可能です。

毎日毎回
”爪交換 すればすやるほど 原価高 一生懸命 励んでいます”
ではないですよね?

◎◎◎ 「クイック爪 時間削って 効率up」 ◎◎◎

◎ 今、お使いのチャックが「クイック」に大変身します ◎

今ご利用のチャック(横横セレーション)に対応した STクイック爪をご提案申し上げます。詳しくは、「クイック爪 シンセ」で検索ください。

ご提案
年間 ¥31,500,000 のうち、いくら回収可能でしょうか?挑戦してみましょう!!

マシニングセンタでは、パレット(素材)の自動交換・工具の自動交換により、多品種少量生産が可能ですが、旋盤系では 、素材形が変わるその都度爪交換が発生するために、旋盤加工の多品種少量生産の自動化・無人化は、「難しい」とされてきました。

次回は、多品種少量生産の自動化・無人化の問題点についてです。

 

【けんぶん録】 第2回 「段取り」は知らず知らずにムダ重ね?

前回(第1回)は、「市場と生産手段の変化」のお話でした。

「段取り」は 知らず知らずに ムダ重ね?

今回は、旋盤作業の爪交換時間と費用のお話です。

旋盤作業の多品種少量生産は、段取りに時間が取られて”儲からない嫌な仕事”と言われています。 確かに、多品種少量生産の旋盤作業では、素材径が変わるその都度”爪を交換”しなければなりません。だから旋盤作業での爪交換は大事な仕事なんです・・・・・これ旋盤の常識です!と言われています。

また、先日2月2日、茨城県水戸市で「茨城ものづくり企業交流会2017製品技術展示会」が開催され、大勢の来場者がありました。 来場者の方から「うちの旋盤工程には工程表があって、爪交換作業が早くなってもラインタクトが乱れるのでメリットがない」とおっしゃいましたので、”工程表通り仕事をすれば付加価値が上がるのですね?”と確認しましたら、黙ってしまわれました。 この方も、段取りは旋盤作業の大事なお仕事と考えておられるようでした。

確かに、毎日、毎回、何の気なしに仕事をしているとその事が当たり前となりその人の常識となる様です。

従来のチャックでは、爪交換と成形加工そして寸法補正まで30分(1,800秒)かかっています。

シンセテックのクイック爪は、交換時間10秒(取外し・取付けで20秒 x 3箇所=60秒多品種少量生産 適合のチャックと言えます。

段取りに掛かっている費用は?

時間チャージ:4,800円/時 ⇒ 80円/分 ⇒ 1.33円/秒 とすると
従来チャック 爪交換 1回/日 ⇒ @2,400円 掛かります ⇒ 1年(250日) ⇒ 600,000円の損失です。

従来チャック 爪交換 2回/日 ⇒ @4,800円 掛かります ⇒ 1年(250日) ⇒ 1,200,000円の損失です。

従来チャック 爪交換 3回/日 ⇒ @7,200円 掛かります ⇒ 1年(250日) ⇒ 1,800,000円の損失です。

「ちりも積もれば・・・」の諺がありますが、”「段取り」は、知らず知らずにムダ重ね?”と言うことになります。
クイック爪で回収にチャレンジしてみてください。売上拡大間違いなしです。

別表をご覧下さい。
クイック爪と従来爪の経済計算
(クリックするとPDFでご覧いただけます)

 

お願い
(愛煙家の方は読まないでください)

”余計なはなし”

「たばこ」を一服、喫煙家にとっては至福のひと時ですが、「たばこ」 1本 の喫煙時間は、平均 6分 と言われています。
時間コスト 80円/分 で計算すると、

一日1本で480円 10,560円/月(22日) 年間(250日)では、120,000円となります。

一日2本で960円 21,120円/月(22日) 年間(250日)では、240,000円となります。

一日3本で1,440円 31,680円/月(22日) 年間(250日)では、360,000円となります。

次回は、 1秒1円で 1日24時間 1年間 機械はいくら稼ぐのか?のお話です。

 

茨城ものづくり企業交流会2017に出展いたしました

2017年2月2日(木)に水戸プラザホテルで開催されました、「茨城ものづくり企業交流会2017」に出展いたしました。

旋盤をお使いの皆様、主に多品種少量・小規模生産をされているモノづくり企業の皆様へ、段取り時間を短縮するクイック爪のご紹介をさせていただきました。

今回、シンセテック単独での出展がほぼ初めての状態でしたので、いろいろと試行錯誤した上での展示でしたが、多くの方々に足を止めて動画をご覧いただいたり、展示品のSTクイック爪APSクイック爪を手に取っていただいたりと、ご興味を持っていただけたようでよかったです。

ご来場頂きましてありがとうございました。

茨城ものづくり企業交流会2017

茨城ものづくり企業交流会2017

茨城ものづくり企業交流会2017